初めての小児歯科選びが重要

小さいころにしっかりと歯のケアを行っておくことは大切で、大人になってからだと治療が大変になってしまうこともあります。虫歯や歯並びそして歯肉の病気を予防したり治療を早めにはじめることで、健康的な歯の維持になり一生涯苦労してしまうことが無いようにできます。

まだ未熟な口内について、専門的な知識がある小児歯科で治療を行わないと、顎や歯の成長や発達をして行くにつれて問題が起きてしまう場合があります。

このため高度な専門的知識を備えた病院には小児歯科専門医ロゴや標榜があるので、それを見て病院選びをするべきです。

4meeeの情報探しををお手伝いします。

初めての小児歯科で親と離れたくなかったり、痛みが怖いお子さんもいます。
病院によっては親の同室を許可しているところもあるので、安心して通えるように対応をしているところに連れて行くと病院を嫌がりません。

他にも治療中にアニメを見ながらリラックスして治療ができるところや、注射を見せないように工夫してくれるところ、痛みが伴う可能性が高い治療では、低濃度笑気を使ってくれるなど気遣いがある病院を選ぶべきです。



虫歯や歯並びなどに問題がないように見えても小児歯科でチェックを受けておくことは大切で、歯磨きを学んだり歯を強くするためにフッ素を補っておけば、虫歯になるのを防いだり初期の虫歯が再石灰化により補修されやすくなります。



幼少期の体験がトラウマになり大人になってからも歯医者に行きたくなくなる人は多いので、最初の小児歯科選びが大切です。