矯正治療の治療期間について

歯並びが悪いために笑顔になれなかったり、自信をもてずに積極的になれない人もいます。


しかし、こうしたコンプレックスを持っていることで消極的になり、人生を謳歌できないことは非常にもったいないことであると言えます。少しでも歯並びにコンプレックスをもっているのであれば矯正歯科治療を検討してみると良いでしょう。

魅力的なNAVERまとめなら、多くの人が選んでいるこのサイトにお任せ下さい。

八重歯など部分的な歯並びの悪さであれば、部分矯正と言う治療法で数ヶ月で綺麗な歯並びにすることができます。

しかし噛みあわせが悪かったり、歯並びが悪いことで咀嚼や発音が上手くできない場合は、歯全体の矯正歯科治療を検討したほうが良いと言えるでしょう。

歯全体を治療する場合は数ヶ月では治療を完了することができません。



治療をはじめてから数ヶ月で見た目では綺麗に並んだように見えますが、そこから咀嚼や発音、顎とのバランスを見てさらに歯を動かし治療をしていくことになります。



そのため歯全体を治療した場合には一年から三年程度の治療期間を覚悟しておく必要があります。治療期間が長引くことはそれだけ治療費用もかかることを意味します。

矯正歯科治療は基本的に一ヶ月に一度、ワイヤーやブラケットなど装置の交換や調整が必要になります。
そのため百万円前後の治療費のほか、一ヶ月に一度の通院費用やそれに伴う交通費が別途かかってくることを心得ておく必要があります。
日本での矯正歯科治療は健康保険が適応しない自費治療になるので、そのクリニックで医療ローンやカードの分割払いができるかなど確認しておくことも大事です。